初めての方へ

神経内科とは?

『神経』と聞くと「精神」や「こころ」と思われる方もいらっしゃいますが、神経内科の「神経」とは 「精神」や「こころ」のことでではありません。
」「脊髄」「末梢神経」など、体の場所を差しています。

おもに気分の変化(うつ病や躁病)、精神的な問題を扱う精神科や心療内科とは異なり、神経内科とは「脳」「脊髄」「神経」「筋肉」の病気をみる内科です。

「神経」が差す、「」「脊髄」「視神経」「末梢神経」などは、身体の広い範囲にある組織です。
このような様々な体の「場所」に起こる病気を専門に扱います。

体の一部である「神経」に炎症を起こしていたり、神経が腫瘍などによって痛んだり、そういった状態を内科的に診断・治療するのが神経内科の役割です。

こんな症状は神経内科で

以下の様な症状に心当たりがあるかたは、まずは神経内科で診察を受けてみることをお薦めします。

頭痛 めまい しびれ 脱力(手足に力が入らない)
しゃべりにくい むせる 歩行障害 ふるえ 歩きにくい
視力の低下 二重に見える 物忘れ排尿障害など

神経は体のいたるところに張り巡らされており、それぞれが異なる働きをしています。
そのため、障害される場所によって病気でみられる症状も様々です。
筋肉の病気も神経内科の領域です。筋肉の病気では、筋肉が痩せてきたり、力が入らなくなったりします。

神経内科の病気では、どんな症状が出ても不思議ではありません。
そのため、体に異常を感じた際には、「はじめに神経内科を受診する」。その後「必要な場合は他の診療科を受診してもらう」。これが診断の早道である場合も多いのです。

神経内科で診療する主な症状

神経変性疾患 免疫性神経疾患
パーキンソン病 ギレンバレー症候群
パーキンソン症候群 多発性硬化症
多系統萎縮症 重症筋無力症
脊髄小脳変性症 ベーチェット病
進行性核上性麻痺 認知症
筋委縮性側索硬化症 アルツハイマー病
脳血管障害 レビー小体型認知症
脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血・脳出血) 頭痛
緊張型頭痛 片頭痛
一過性脳虚血発作 てんかん
高血圧性脳症 慢性硬膜下血腫
その他神経難病  


ここで挙げた疾患は一例です。これ以外の症例につきましても、もちろん診断できますので、
お気軽にお問い合わせください。

  • 神経内科とは?
  • こんな症状は神経内科で
  • 神経内科で診療する主な症状

▲TOPに戻る